\ 大手通信キャリア10年以上のプロが解説 /

格安スマホ講座

なぜ安い?格安スマホが安い本当の理由とは?

安すぎるにもほどがあるとは、まさに最近の格安スマホのことを言いえて妙な言葉です。

これほど安くなるのなら誰しも気になるところです。しかし、世の格安商品の中には安かろう悪かろう商品が多くあるのも周知の事実です。格安スマホはなぜ安いのか納得したうえで検討したいものです。

格安スマホが安い3つの理由

通信の自由化がもたらしたMVNO事業

格安スマホを提供するMVNO事業者とは、通信の自由化という規制緩和により誕生することになりました。

最新の企業業績ランキングでも大手モバイルキャリアは軒並み上位に位置するなど、高い収益力が見込める通信業界を自由化したことで、多くの異業種からMVNO事業者に新規参入が続いています。企業努力もさることながら、もともと収益力の高い業界だけに格安スマホというビジネスモデルが構築しやすいという事情もあります。言い換えれば、3大通信キャリアが儲けすぎていたといってもよいでしょう。

世の格安商品にはいろいろなタイプがありますが、格安スマホについては、金融の自由化でいろんな種類の住宅ローンが登場したり、証券会社の手数料が安くなったりしたのと同じで、規制緩和がきっかけになっているというのは間違いありません。

通信設備はレンタルで利用

これまで通信事業者に新規参入が少なかったのは、通信設備投資に莫大なコストがかかるからです。

しかし、いったん設備を整えるとあとは毎月毎月利用料がとれるという大変魅力的なストックビジネスとなります。これが規制緩和によりMVNO事業者が認められたことで新規参入が可能となりました。MVNO事業者は、通信設備を大手モバイルキャリアからレンタルすることができますので、莫大な設備投資をする必要がないのです。

以前、繋がりにくいということで悪評高かったソフトバンクが基地局を飛躍的に増強することで通信環境を改善しましたが、MVNO事業者にはこのような設備投資が必要ないわけです。

現状では、大半のMVNO事業者はドコモ回線をレンタルしています。ただし、借りているのは回線のみでインターネットの接続先は各MVNO事業者となります。つまり、接続先サーバーをドコモから各MVNO事業者に変更することで格安スマホが利用できるようになるのです。

サポートは必要最低限度

前述のケースでは、同じドコモの回線をレンタルしているからと言って、すべてのMVNO事業者のサービスの質が同じというわけではありません。

格安サービスを提供するためにはサービスやサポートは必要最低限度にしてなるべく価格を抑えること専念しています。従って、有人店舗などはほとんどないのが実情ですし、サービスやサポートの質は業者によって大きく異なります。

simgoro

T.SAKAI

大手通信キャリアで10年以上の勤務経験をしていた坂井(SAKAI)です。

通信・電波や裏側の事情まで把握しています。私自身、格安スマホを愛用していることから安いだけではない「格安スマホ」のデメリットを理解したうえで賢い選び方を正しい知識にてご紹介致します。

更新日:

Copyright© 格安スマホ講座 , 2019 All Rights Reserved.