\ 大手通信キャリア10年以上のプロが解説 /

格安スマホ講座

電波・通信スピードの違いは?

格安スマホを利用するうえで最も気になるのは回線速度です。

現状、格安スマホのほとんどは4G・LTE対応となっています。大手モバイルキャリアの回線を使用していますので、最先端の通信技術が利用できるようになっています。ところで、この4GとLTE、および、3Gとはどのような意味であり、どんな違いがあるのでしょうか。

電波・通信スピードについて

LTE、3G、4Gとは

モバイル通信でよく目にするLTE,3G,4Gとは移動通信の規格のことで、簡単に言うと速度のことを指しています。

携帯通話からモバイル通信に移行する時代に使用されていた規格が3Gで、3Gをさらに進化した規格が4Gとなります。LTEとはほぼ4Gと同じ意味で使われていますが、正確に言うと、3Gから4G時代への橋渡し的な役割の規格で3.9Gと呼ばれたりもしています。

大手モバイルキャリアでは、auでは4GLTE、ソフトバンクでは4GLTE・4G、ドコモの場合がXi(クロッシー)が4G規格となります。スマートフォン利用が常識化している現在では4GLTEが主役ということになります。

規格ごとの特徴とは

肝心の通信速度については、3Gの場合は数Mbipsから14Mbips、4Gの一つであるLTEでは75Mbpsから100Mbps、通常の4Gの場合は100Mbps以上となります。

通信速度としては4Gは圧倒的に早くなっているのですが、障害物に弱いという特徴があります。

例えば、ビルなどでは電波が反射してしまいビル内に入ってい行くことができません。そのため、基地局などが豊富にあるにもかかわらず都心部などではつながらないということがよくあります。これに対して、3Gの場合には速度的には大きく劣りますが、障害物に強くビルでも問題なく利用できるという特徴があります。

従って、通常は4G回線を利用してビル内などでは自動的に3G回線に切り替わるような仕組みになっています。

また、2020年の東京オリンピックには140Mbpsの通信速度が可能となる5G規格のプロジェクトもすでにスタートしています。

音声通話も4Gに

4G規格があるにもかかわらず3G規格が利用されているのは前述の障害物に強いという理由があるのですが、少し前までにはもう一つ音声通話の問題がありました。

実は4G規格とはパケット通信のみの規格で、これに対して3G規格はパケット通信と音声通信の両方に利用できる規格でした。

従って、以前には電話をかける際には3Gに切り替わっていたのですが、2014年ころにVoLTEというサービスが登場することで音声通話も4Gを利用できるようになったのです。このことにより、3G通話と比較すると通話品質は向上することになりました。

格安スマホの音声通話も大手モバイルキャリア品質で利用することができます。

simgoro

T.SAKAI

大手通信キャリアで10年以上の勤務経験をしていた坂井(SAKAI)です。

通信・電波や裏側の事情まで把握しています。私自身、格安スマホを愛用していることから安いだけではない「格安スマホ」のデメリットを理解したうえで賢い選び方を正しい知識にてご紹介致します。

投稿日:

Copyright© 格安スマホ講座 , 2019 All Rights Reserved.