\ 大手通信キャリア10年以上のプロが解説 /

格安スマホ講座

格安スマホで「できないこと」「できること」は?

https://line.me/ja/

格安スマホに乗り換えることで料金は安くなったけれども、大手モバイルキャリアの時にできたことができなくなった。こんな悩みを持つ人も少なくはありません。

乗り換える前に、格安スマホでできること、できないことをしっかりと確認しておけば安心です。

格安スマホで出来ないこと、出来ること

LINEは使える?

音声通話SIMは問題なし。データ専用SIMの場合にはSMS機能付きを

格安SIMには大きく分けて音声通話SIMとデータ専用SIMの2つがあります。

音声通話SIMの場合には問題なく利用できますが、データ専用SIMの場合にはSMS機能付きを選べばLINEを利用することができます。

ゲームはできる?

http://www.monster-strike.com/

ほとんどのゲームは問題なくできる

格安スマホでもモンスト、パズドラ、ポケモンGOなど問題なくプレイすることができます

ただし注意点もあります。

まず、ゲームアプリをダウンロードする際や更新する際に結構なデータ量を使ってしまい、格安スマホの独自の通信制限にかかることがあります。また、端末のスペックによっては快適にプレイできないケースもあります。

ゲームをプレイする場合の端末スペックのポイントはメモリとCPUとなります。メモリが3GB以上、CPUが4コア以上というのがゲームを快適にプレイできる目安となります。

電話番号を引き継げる?

MNPで番号引継ぎは可能

格安スマホに乗り換えてもMNPを利用して番号はそのまま引き継ぐことが可能です。

注意点としては、大手モバイルキャリアから乗り換える際には更新月以外にMNPを行った場合には1万円前後の違約金、MNP転出料、事務手数料が発生します。

通常は大手モバイルキャリアの場合には2年縛りがついていますので、できれば違約金が発生しない更新月に乗り換えたいものです。また、MNP転出料と事務手数料については更新月でも発生し合わせて5000円ほどとなります。

さらに、格安スマホ事業者の場合には大手モバイルキャリアのような店舗がない場合がほとんどで、商品は郵送で送られてくることになりその間だけ不通期間が発生する可能性を頭に入れておく必要もあります。

メールアドレスは使える?

https://pixabay.com

格安スマホに乗り換えを行うと、それまで利用していたキャリアメールは利用できなくなります

キャリアメールとはドコモ、au、ソフトバンクなどのメールアドレスのことで利用者のみが利用することができるものです。通常は、これらの代わりにGoogleのGメールなどで代用することになります。

また、いくつかの格安スマホではキャリアメールを発行している事業者もあります

キャリアメールを使える格安スマホ会社

格安スマホの注意点

メリットも多い格安スマホですが、利用サービスによってはデメリットとなる場合もあります。

  • 前述のキャリアメールが使えなくなる
  • 通話料金が30秒20円と割高のケースもある
  • 更新月以外だと違約金が発生する可能性、溜まっていたポイントが消滅する(※通常のスマートフォンも同様)
  • キャリア決済が利用できない、あるいは、大手モバイルキャリアのような手厚いサポートは期待できない
  • 何かあったときに気軽に店舗に行けない

これらは利用サービスによっては改善されているので使用したいサービスがあるかないかを事前にチェックすることも大切です。

simgoro

T.SAKAI

大手通信キャリアで10年以上の勤務経験をしていた坂井(SAKAI)です。

通信・電波や裏側の事情まで把握しています。私自身、格安スマホを愛用していることから安いだけではない「格安スマホ」のデメリットを理解したうえで賢い選び方を正しい知識にてご紹介致します。

更新日:

Copyright© 格安スマホ講座 , 2019 All Rights Reserved.