\ 大手通信キャリア10年以上のプロが解説 /

格安スマホ講座

au回線とドコモ回線の違いとは?

格安スマホやSIMの通話品質はドコモ又はauの回線を利用しているサービスが殆どですが、そもそもau回線とドコモ回線の違いは何なのでしょうか?

au回線とドコモ回線の違い

ドコモ回線の特徴とは

ドコモ回線の使用している電波の種類はW-CDMAと呼ばれるもので、多くの国や地域で使用されている世界標準ともいうべきものです。従って、広いエリアで受信力も強いというのはもちろんのこと、非常に多くのスマホ端末で利用できるというメリットがあります。

また、MVNOの支払う回線使用料が安いというポイントもあります。特に、MVNO黎明期にはau回線の半額ほどの使用料となっていました。

このようなことから、格安スマホ事業者の多くはドコモ回線のMVNOとなっているのです。

au回線の特徴とは

これに対して、au回線の使用している電波の種類はCDMA2000と呼ばれるもので、採用当時は鳴り物入りで登場したものの、その後に世界的に広まることはなく使用している国は少ないのが実情です。

受信力についてはドコモ回線同様に非常に強いものがありますが、利用できるスマホ端末が少ないという問題があります。

また、回線使用料がドコモ回線より高いという問題もあり、格安スマホ事業者からはそれほどのメリットが感じられないため、au系のMVNOはそれほど増えていません。

さらに、au系の場合には、UQモバイルという圧倒的な回線速度を実現している格安スマホ事業者が存在していますので、ますます他の格安スマホ事業者にとっては敬遠されることになっています。

ドコモ回線とau回線の品質の違いは

使用している電波の種類は違いますが、基本的にはどちらの電波も提供エリアは広く受信力も同レベルの実力を備えています。

ただし、都心部や市街地での利用にはほとんど差はないものの、観光地などで利用する場合には3G回線も利用できるドコモ回線の受信力の強さが目立つことになります。

通信速度については、回線自体の問題というよりは各格安スマホ事業者の問題ということになりますが、au回線を採用しているMVNOが非常に少ないため、現時点では非常に安定した通信速度が実現されています。

これに対して、ドコモ回線のMVNOは各事業者によって大きく通信速度が異なっています。

 

また、Vo-LTEやテザリングサービスについては、これらの技術は電波の種類に関係なく利用できますが、au回線のMVNOの場合には、端末によっては利用できないものが多くありますので事前に確認することが必要です。

ソフトバンク回線について

ソフトバンクも遅まきながらMVNOに回線を提供するようになりました。といっても、ワイモバイルは置いといて、u-mobile1社のみでの提供となります。

ソフトバンクについては、今のところ本気でMVNOに回線提供する気はないのではないでしょうか。そもそも、NTTのダークファイバー事業者としてスタートし、品質向上のために莫大な設備投資をしていますので、MVNOに回線提供することは同社にとってもメリットとは考えにくいものがあります。

まとめ

受信力は双方ともに強いものの、使用できる端末の数や回線使用料の金額からドコモ回線の方が格安スマホサービスに人気があるようです。

利用する側から見ればドコモ回線、au系であればUQモバイルがオススメと言えるでしょう。

 

simgoro

T.SAKAI

大手通信キャリアで10年以上の勤務経験をしていた坂井(SAKAI)です。

通信・電波や裏側の事情まで把握しています。私自身、格安スマホを愛用していることから安いだけではない「格安スマホ」のデメリットを理解したうえで賢い選び方を正しい知識にてご紹介致します。

投稿日:

Copyright© 格安スマホ講座 , 2019 All Rights Reserved.